株式会社フィック(パシフィックホーム):地震に強いテクノストラクチャーの家づくり

南大阪エリア(河内長野、大阪狭山市富田林、堺)で、家を建てたいすべての人に地震に強いパナソニックの注文住宅とリフォームを提供することを目指すフィック(パシフィックホーム)です

>>TOPへ

>>サイトマップ

パシフィックホームについて
スタッフ紹介

パシフィックホーム事業部 冷水友明(ひやみずともあき) [スタッフ紹介]

お客さまにとっての“最高の家”を一緒になって考えます

画像(223x300)・拡大画像(334x448)

パシフィックホーム事業部 設計担当
冷水 友明(ひやみず ともあき)


勤務:パシフィックホーム(テクノストラクチャー事業部)
1977年7月19日大阪市住之江区生まれ かに座 A型
資格・特技:二級建築士
お休みの日は何してる?:サッカー、ゴルフ、家族で買い物

フィックに入る前は、設計事務所に5年ほどいました。
その時からフィックとは何度か一緒に仕事をしており、雰囲気がとてもよさそうだったので、転職してしまいました。
仕事では、まず敷地調査から始まり、その土地の法規制をチェックし間取りプランに入っていきます。
まったく同じ土地というのはないので、お客様1邸1邸違う間取り・外観になります。
お客様の描いているイメージに近づけていけるようにと細かくお話をお聞きし、ご提案させて頂いています。
他にも仕様決めなどのお打合せや、上棟式・引渡式の司会をやったりと、お客さまとお会いする機会もたくさんあります。
そんな中で、お客さまに「フィックさんにお願いして良かったわぁ〜」と言ってもらえると、この仕事をやっていてほんとによかったと感じます。
大変なのは発注業務。一人でしているので、ミスのないように気をつけています。発注ミスは、現場の工程に影響しますし、余計なコストもかかります。
時には責任問題に関わることもあるので、チェックは慎重にしています。

自信があるのはやはり法律関係ですね。法規制がわからないと設計は当然できません。住宅を設計する上で特に大事なポイントは、採光計算と斜線制限です。
その他のチェックも行いますが、その2点により間取り計画が大きく変わってきます。

設計として一番こだわりたいのが外観です。
私の中でこれだ!というプランをご提案させて頂きますが
お客様の好みをお聞きし、どれだけそれをプランに反映しご提案出来るか、難しくそして楽しい所です。
後、ご提案したいのが照明プランです。
灯りひとつで、家の雰囲気がガラリと変わります。どのようなイメージで生活していくのか、家族構成なども考慮して、標準仕様でのプランやオプション仕様でお客さまにぴったりの照明プランなどもご提案しています。
これからも、お客さまにとっての「最高の家」を、一緒になって考えていきたい。それが、私の目標です。

「冷水 友明」ってこんな人

表面上クールに見えるけど、中味はオモシロイ。核心をズバッとついてくる。周囲の雑音を聴きつつも、自分の意見をしっかりもっている人。設計の人はお客さんの前でしゃべるのが苦手な人が多いけれど、彼はしゃべりがうまく、引渡式の進行もやっています。仕様決めも、お客さんと打ち解けながらやってくれるので、安心して任せられます。

【紹介者プロフィール】

ページのトップへ ページのトップへ

コンテンツメニュー

    

会社概要

プライバシーポリシー

サイトマップ

検索


RSS1.0 RSS2.0

[Login]


ツタエル
powered by a-blog

南大阪エリア(河内長野、大阪狭山市富田林、堺)で、家を建てたいすべての人に地震に強いパナソニックの注文住宅とリフォームを提供することを目指す フィック(パシフィックホーム)です。
株式会社フィック (パシフィックホーム)

【施工エリア】■泉州エリア:堺市/和泉市/高石市/泉大津市/忠岡町/岸和田市/貝塚市/熊取町/泉佐野市/田尻町/泉南市/阪南市/岬町 ■南河内エリア:松原市/羽曳野市/藤井寺市/太子町/河南町/千早赤阪村/富田林市/大阪狭山市/河内長野市


Copyright (C) FIC All rights reserved./Produced by想いを伝えるサポート会社 ツタエル