株式会社フィック(パシフィックホーム):地震に強いテクノストラクチャーの家づくり

南大阪エリア(河内長野、大阪狭山市富田林、堺)で、家を建てたいすべての人に地震に強いパナソニックの注文住宅とリフォームを提供することを目指すフィック(パシフィックホーム)です

>>TOPへ

>>サイトマップ

パシフィックホームについて
スタッフ紹介

パシフィックホーム工務部 森田博行(もりたひろゆき) [スタッフ紹介]

お客様の記憶に残る“最高の家創り”を目指します

画像(219x300)

パシフィックホーム工務部 主任 
現場監督
森田 博行(もりた ひろゆき)


1981年6月6日 大阪市平野区生まれ ふたご座 O型

資格・特技:中型自動二輪車免許
お休みの日は何してる?:サッカーチーム“森田組”でサッカーしています。ポジションはフォワード。WCCF(アーケードゲーム)にもはまっています。ニックネームは“ヒロ”もしくは“もりちゃん”。

この仕事につく前は、現場監督さんは「偉そう」というイメージがあり、自分なら職人さんのことを考えながら、もっと楽しく仕事をするのに!と思っていました。
そんな時、ハローワークでフィックの求人を紹介され、自分には無理かなぁ…と思いながら、ダメもとでフィックを受けました。
ところが、なんと奇跡的に採用! フィックには、自分が理想とする現場監督像があり、応援してくれそうな雰囲気がありました。職人さんと和気あいあいだけど、締めるところはビシッと締める現場監督になろう!と燃えました。
この仕事をやっててよかったことは、お客様に感謝の言葉をかけてもらった時。難しい注文が多くて、苦労した現場ほど「ありがとう」の言葉が胸に響きます。

以前、建築現場で雨に降られてずぶぬれになった時、現場の隣に住んでいたお施主様が、「そのまんまじゃ風邪ひくでー。お風呂沸かしたから入って温まり、着替えもあるから」と声をかけてくれたことがありました。泥だらけだったので遠慮しましたが、嬉しくて涙が出そうになりました。

大変だったのは、入りたての頃、夏場の現場の草刈りが3件ほど集中した時。どこも背丈よりも高い草むらが生い茂っていました。草むらに入ったら、虫がブンブン飛んできて、仕事よりも上司よりも何よりも虫が嫌いな自分にとっては本当に辛い経験でした(笑)。

仕事で誇りに思っていることは、施工品質コンテストで2年連続で近畿地区NO.1になったことです。大工さんの協力もあり、みんなのチームワークがなければ、成し遂げられないことでした。
フィックで実現したい目標は、「最高の家創り」。お客様に感動して頂けるような家創りをしていきたい。そのためにも、もっとスキルアップしなければと思います。
お客様の夢を叶えるために、一生忘れられない最高の家創りにしたいです。

「森田 博行」ってこんな人

お客さまのことを考えて仕事をするタイプ。見た目は怖いけど、気は優しくて力持ち。お酒も煙草も一切やらない、真面目な好青年です。大切なお客さまの現場を、安心して任せられます。

【紹介者プロフィール】

ページのトップへ ページのトップへ

コンテンツメニュー

    

会社概要

プライバシーポリシー

サイトマップ

検索


RSS1.0 RSS2.0

[Login]


ツタエル
powered by a-blog

南大阪エリア(河内長野、大阪狭山市富田林、堺)で、家を建てたいすべての人に地震に強いパナソニックの注文住宅とリフォームを提供することを目指す フィック(パシフィックホーム)です。
株式会社フィック (パシフィックホーム)

【施工エリア】■泉州エリア:堺市/和泉市/高石市/泉大津市/忠岡町/岸和田市/貝塚市/熊取町/泉佐野市/田尻町/泉南市/阪南市/岬町 ■南河内エリア:松原市/羽曳野市/藤井寺市/太子町/河南町/千早赤阪村/富田林市/大阪狭山市/河内長野市


Copyright (C) FIC All rights reserved./Produced by想いを伝えるサポート会社 ツタエル