株式会社フィック(パシフィックホーム):地震に強いテクノストラクチャーの家づくり

南大阪エリア(河内長野、大阪狭山市富田林、堺)で、家を建てたいすべての人に地震に強いパナソニックの注文住宅とリフォームを提供することを目指すフィック(パシフィックホーム)です

>>TOPへ

>>サイトマップ

テクノストラクチャーの家
1.地震に強い

【ヒミツ1】鉄と木をミックスさせた構造の秘密 [1.地震に強い]

画像(250x181)

パナソニック耐震住宅工法「テクノストラクチャー」は、震災から学んだ新発想の住宅工法。より高度に、より多角的に「丈夫で頑丈な住宅」を実現するため、構造強度にこだわっています。ここでは「鉄と木をミックスさせた構造部材」についてご説明いたします。

1.木と鉄の複合梁「テクノビーム(梁)」

画像(250x236)

強度と信頼性で木の梁をしのぐ複合梁
テクノストラクチャー工法では、木材と鉄骨の複合梁「テクノビーム 」を使用し、軽量H形鋼を芯材に上下を木(集成材)で挟んだサンドイッチ構造により、木造住宅の梁の強度と信頼性を高めています。

2.一般接合の3倍!「ドリフトピン接合」

画像(250x148)

大きな力のかかる柱接合部には、一般的な接合の3倍の力に耐えるドリフトピン接合を採用。ほぞ加工を施す必要がないので、最低限の断面欠損で高強度な接合を実現します。

画像(250x184)

3.住宅の接合部を強化「テクノ接合金物」

画像(250x197)

梁、筋かい、垂木等の接合部に使用して、構造体をがっちり緊結。住まい全体が強力に一体化し、地震に強い頑丈な構造体をつくります。

4.優れた強度と耐久性「集成材柱」

同寸法のムク材の約1.5倍の優れた強度を誇る集成材柱は、自然素材でありながら、工場生産による均一の高品質を実現します。

画像(470x174)
※1集成材:平成13年国土交通省告示第1024号に定める強度等級E95-F315集成材
※2ムク材:平成12年建設省告示第1452号に定める「すぎ」無等級材。

5.住まいの足元をしっかり支える「テクノ束」

画像(250x123)

床下で住宅全体を支える床束(ゆかづか)に、鋼製の「テクノ束」を採用。さびにくい特殊メッキで、湿気や白アリにも強く、抜群の強度と耐久性を発揮します。

6.地盤に合わせて設定「基礎仕様」

画像(250x196)

地盤調査結果に基づいて設計。基礎の高さは、住宅金融支援機構の基準値を超える400mm以上で、スラブの厚さも150mmと耐久性タイプの基準をも上回る強固な構造です。
※地域、敷地条件により仕様が異なります。
※数値はベタ基礎の場合です。

ページのトップへ ページのトップへ

コンテンツメニュー

    

会社概要

プライバシーポリシー

サイトマップ

検索


RSS1.0 RSS2.0

[Login]


ツタエル
powered by a-blog

南大阪エリア(河内長野、大阪狭山市富田林、堺)で、家を建てたいすべての人に地震に強いパナソニックの注文住宅とリフォームを提供することを目指す フィック(パシフィックホーム)です。
株式会社フィック (パシフィックホーム)

【施工エリア】■泉州エリア:堺市/和泉市/高石市/泉大津市/忠岡町/岸和田市/貝塚市/熊取町/泉佐野市/田尻町/泉南市/阪南市/岬町 ■南河内エリア:松原市/羽曳野市/藤井寺市/太子町/河南町/千早赤阪村/富田林市/大阪狭山市/河内長野市


Copyright (C) FIC All rights reserved./Produced by想いを伝えるサポート会社 ツタエル