パシフィックホーム 丨 河内長野・大阪狭山市富田林・堺の新築、耐震住宅ならパシフィックホーム。パナソニック耐震住宅工法テクノストラクチャーの家施工認定店です。

  • info_01
  • info_02

新着情報

INFORMATION

振りかえると。。3

2019年06月14日(金)

皆様。こんにちは。

 

【令和】が始まる前に書き終えたかった「振りかえると」の続きです。

29歳の夏。。

勤めていた『料理屋さん』の社長と店長に、話があると仕事終わりに声をかけられました。「西中島南方の店舗が立ち上げたばかりだが、軌道にうまく乗っていなくて、しかも女将が育休に入ることになったので、田中、応援に行ってほしい」

チャンスだと思いました。新しい町で新しいスタッフと、新しいお客様の出会い。不安はかなりありましたが、行くことに決めました。西中島南方店は料理スペースがカウンターで囲まれている作りだったので、カウンターに座りたい!というお客様が多いお店でした。80人ほどは入れるお店で高槻店よりは小さいお店でした。

高槻と西中島南方を比べると、お客様のタイプが全く「別」でした。単身赴任のサラリーマンの方が多く、色々なタイプのお店が並ぶ中、どうお客様の心をつかんでいくかを、いろいろ考えたのを今でも覚えています。この時に、まず意識したことは、やはり、【自分のことを知ってもらう】です。来ていただいたお客さまには、もちろんのこと、近隣のお店や、会社にもあいさつ回りに積極的にいきました。

夜、お店が終わった後も、ご近所のラーメン屋さん、朝まで営業されている焼肉屋さんに行き、仲良くなり、始発まで自分のお店に泊まることが何度もありました。

半年が過ぎ、お客様に覚えてもらえた頃に社長から、お話がありました。

田中君、いつか店長になるために料理も覚えよう!と言われたんです!

料理人はもともと希望していなかったのでびっくりしたのですが、せっかくのお言葉だったので、次の日から調理場に立ちました。

開店まで、勉強の毎日でした。先輩方の作られる姿を見て、真似する。家に帰って、同じことを復習する。お客様に食べていただくために、料理人が真剣に作る姿はすばらしいと感じました。

ぼくが始めて、お客様に食べていただいた料理、今でも覚えています。それは  【キンメダイの塩焼き】です。よく来てくださるお客様に注文いただき、作りました。初めてお客様の前で作る。。のは緊張です。しかもカウンターから丸見えなので。1匹目は緊張で焼きすぎて、失敗。すぐ作り直し、盛りつけてお客様の元にお出ししました。作ったものを食べていただける喜びは、半端なかったです。

ぼく一つだけ、どうしてもうまくできなかったのが、おにぎり、、でした。同じ大きさに握るのが、どうしてもできなかったです。いつもHさんに教えていただいたのですが、はじめの頃は、お米が熱すぎて握れなくて、よく怒られました。(笑)

 

 

つづく、、、

 

コメント

コメントを残す



メールアドレスが公開されることはありません。※が付いている欄は必須項目です。

スパム対策の為、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

カタログ無料でお送りします!

テクノストラクチャー工法で実現する住宅のメリットや、
こだわりのプラン、内観イメージまでトータルにご紹介する総合カタログです。

0120-17-8429

受付時間 10:00~18:00 ※木曜定休

メールでのお問い合わせはこちら
南大阪のリフォームはフィックにお任せください!

お客様のお話をじっくり伺い、理想のリフォームをカタチにしていきます。
ご相談・お見積もり無料で承ります。お気軽にご相談ください!

0120-79-2517

受付時間 9:00~17:00 ※日・祝定休

メールでのお問い合わせはこちら
オープン中!モデルハウス
お問い合わせ